コインチェック 出金再開のメド予想

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中

コインチェックのNEM580億円流出事件を受けて
約一週間が経ちましたが、落胆されている方は
多いのではないのでしょうか。

f:id:monsere:20180203223906p:plain

実は私もXRP(リップル)の一部をcoincheckに保有していたので
かなり落胆しています。
そのリップルの量は1万XRPです。(笑)

そんなコインチェックですが厄介なのは
NEMを盗まれた事以外にもコインチェックに現金や仮想通貨を
預けているという点にあります。

f:id:monsere:20180203221208p:plain

顧客が預けているすべての仮想通貨と現金が凍結され、

いわば、人質に取られている状況なのです。

コインチェックは「経営を今後も継続していく」と発表していますが
果たしてどうなるのか?

そこで、今後どのように出金され経営を継続していくのか
予想してみす。

理想の出金再開ケース

「2月13日までにすべての取引再開し、被害者へは全額返金。」
こんな話題のニュースを聞けるとイイですね。(笑)

f:id:monsere:20180203223539p:plain

が、しかし
このような早期解決とともに出金再開がされるとは考えにくいです。
なぜなら、一度に取引再開をしてしまうと
ほぼ全ての顧客はコインチェックに預けている現金ならびに仮想通貨を
コインチェックから避難させるためです。
そうすると、コインチェックの運営資金は限りなく減少してしまい、
経営が困難になると考えられるからです。

現実の出金再開ケース

理想ケースのようにコインチェックが
顧客へ資産を返してくれると良いのですが、
そう簡単に全資産を返却することは考えにくいです。

 

大まかには、このような経営再開ケースをたどると思われます。
~~~~~~~~~~~~~

2月下旬 
現金の出金のみ可能に。ただし、一ヶ月の出金上限アリ(おそらく、一人5万円ほど)。

2月下旬
ビットコイン(Bitcoin)のみ取引の再開。但し、アルトコイン(XRP、NEM、ETHなど)はまだ売買できず。

3月中旬
不正流出したNEMの被害者へ日本円で全額、各個人へ返金。

4~6月
全取引の営業再開。
~~~~~~~~~~~~~

今準備しておくべき事

二度と「同じような事を起こさない」、「被害を被らない」為に
仮想通貨の保有方法とおすすめの保管方法をご紹介します。

実は、仮想通貨の保有方法は2つ。
今回のコインチェック事件で話題になった仮想通貨保有に関する問題。
どういう状態で仮想通貨を保有するのかというのでホットウォレットコールドウォレットがあります。

簡単に言うと、ホットウォレットが銀行預金、コールドウォレットがタンス預金。

ホットウォレット(銀行預金のようなもの)とは
仮想通貨がインターネットに接続された場所に保管されている状態です。

f:id:monsere:20180203213213p:plain

まさにコインチェック(BinaceやDMM Bitcoin,GMOコイン等)のような取引所のアプリなどをダウンロードしてそこで保存するのはホットウォレットに当たるでしょう。
インターネットに接続されている為、もちろん外部からのアクセスが可能で、
常に仮想通貨の不正流出のリスクは持ち合わせているのが現状です。

逆に、
コールドウォレット(タンス預金のようなもの)とは
仮想通貨がインターネットに接続されていない場所に保管されている状態の事。
もちろん外部からのインターネット接続はないためインターネット上で外部から盗まれるような事は一切ありません。

f:id:monsere:20180203213725p:plain
以下ご紹介する2つのコールドウォレットウォレットは安全、確実な保管方法ですので
ご参考までに。

①ペーパーウォレット

仮想通貨を紙で保管する方法。

f:id:monsere:20180203214437p:plain

実際にペーパーウォレットを作成してみましたが、
とてもカンタンで3分あれば家のプリンターを使用して作ることできました。
もっともシンプルで丁寧な説明がこちらのYouTubeにアップされていたので
ご参考にどうぞ。


②ハードウォレット

仮想通貨をUSBのような端末機器で保管する方法。
こちらは最も有名なコールドウォレットとしての保管方法ではないでしょうか。

有名であるがゆえに偽物やウイルスが仕組まれているハードウォレット製品が横行しているほどで、
かのメルカリではハードウォレットの売買が中止されたほどです。

[blogcard url=”https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26451070R00C18A2TI1000/”]

私は安く手に入れるよりも安心を優先したいので、
ハードウォレットでシェアNo.1のnanoレジャーS正規代理店から
直接購入しました。
大本から購入するのが一番安全で安心です。
以下↓アマゾンで購入可能な正規店です。
人気商品のため在庫がなくなっていないことをお祈りします。

なににせよ
今後のコインチェックの発表は見逃せませんね。

あなたにオススメ
【合わせて読みたい記事一覧】

リップル(XRP)とは ▷

仮想通貨が実現したい世界とは ▷

SBI、みずほ、三井住友など「仮想通貨」発行へ ▷

銀行 2021年に向け大リストラ時代へ ▷

GMOコイン 口座開設方法 ▷

取引所 厳選TOP3

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の”ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー(bitFlyer)は、日本で一番歴史のある取引所です。「みずほ銀行」や「リクルート」「電通」「日本生命」などがビットフライヤーに出資しており、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力です。さらに、セキュリティに関しても「世界No.1」に輝き、安全・安心・確実な取引ができる取引所としてオススメです。タレントの成海璃子さんがモデルになっています。

ビットフライヤー口座開設方法> ビットフライヤーで口座開設する>

2位“知名度No,1GMOコイン

GMOコインは、関東財務局長 第00006号 平成29年9月29日に正式に金融庁より運営許可を得た取引所です。 また、GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループの事業の1つで知名度では業界No.1を誇っており、GMOグループ全体での不祥事や不正などは過去にもないことから仮想通貨取引所に置いても万全の体制が整ってます。リップルが現物で購入が可能です。
GMOコイン口座開設方法> GMOコインで口座開設する>

3位“ローラのDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、筆者が莫大な利益を獲得することができた取引所の一つ。その理由は、レバレッジといって取引所に預けている実際の現金よりも何倍も多い掛け金で仮想通貨取引が出来るため利益が大きくなるからです。逆に、損をする場合も大きく損をしてしまうというのが特徴です。一攫千金を狙いたい方には、必ずオススメしたい取引所です。
DMM Bitcoin口座開設方法> DMM Bitcoinで口座開設する>

 

初心者にオススメの仮想通貨ランキング

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の銀行と共存”「リップル(XRP)」

リップルは、日本の銀行と共に24時間国際送金が可能な革新的なサービスを展開しています。早い、安全、便利な送金アプリ「マネータップ」をりそな銀行、住信SBIネット銀行に提供。日本の送金市場に革命を起こすと話題になり、Googleは既にリップルに出資。さらに、銀行が仮想通貨リップルを実装することから【確実に価格が上がる】と言われ、今後リップルは2020年までに1リップル(XRP)が2,000円になる予想です。

リップルとは  > リップルが買える取引所はコチラ >

2位”仮想通貨界の牽引役”「ビットコイン(Bitcooin)」

ビットコインは、仮想通貨の中でNo.1の認知度と時価総額を誇ります。
世界のニュースでもまずはビットコインが話題の中心となり仮想通貨を牽引しているほど。
『ビットコインは高くて買えない』と世間では言われますが、実は、0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。また、政治評論家の竹田恒泰さんもビットコイン愛好家で知られています。

ビットコインとは > ビットコインが買える取引所はコチラ >

3位”世界中の契約を確実・安全に”「イーサリアム」

イーサリアムは、「契約」を自動で記録し、実行してくれる「スマートコントラクト」という技術を備えています。例えば「2日後にAさんがBさんに5ETH支払い」という契約があるとすると、AさんとBさんが直接取引できるよう自動で実行してくれます。
この革新的技術に惚れ込み、トヨタやホリエモンも投資するほどの大注目の仮想通貨です。

イーサリアムとは > イーサリアムが買える取引所はコチラ > ⇩取引所が倒産してからでは遅い!⇩
仮想通貨を確実に保管するウォレット

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中