教えて!仮想通貨のこと

いつもご愛読ありがとうございます。当ブログでは仮想通貨についてわかりやすく解説します。

XRPリップルとは

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

f:id:monsere:20170909182736p:plain

最近注目度が上がるリップル(RIPPLE)ですが、
リップルXRPは大ファンとそうでない人との
ギャップが仮想通貨の中でも強い通貨と言われています。

リップルとは??

ビットコイン(Bitcoin)と同じように仮想通貨の1種です。 
XRP(リップルの通貨単位)というリップルのネットワーク上の通貨を使って色々な通貨と取り引きができるシステムのことです

 

私達の生活にどう活躍してくれるのか

超超超カンタンにシンプルに申し上げますと

海外送金が4秒で終わり手数料はほぼナシ

ということです。

 これは革命的な送金技術なのです。

あなたが海外にお金を送金する際を考えて下さい。

例えば、アメリカに留学へ行った子供の為に
100,000円を仕送りをするとします。

 

銀行の中でも比較的手数料の安い

楽天銀行の場合

         日数      3

               手数料         750円

      送金手数料     1,000円
    海外中継手数料     3,000円

         合計    4,500 

 

リップルの場合

         日数      

                手数料       3円
      送金手数料      なし
    海外中継手数料      なし

         合計     約 

 いかがでしょう? 

f:id:monsere:20170909214353p:plain

 

アメリカにいる息子は

100,000円を欲しいと思ったら、4秒後には

日本からアメリカの自分の専用口座にお金が入金される訳です。

今私達の生活に送金革命が起きようとしています。

リップルに注目を集める日本企業

この技術に目を付けたのが

なんとあの大手企業

 が参入決定!!

 その企業とは、
三菱東京UFJ銀行

f:id:monsere:20170909191719g:plain

 金融大手のSBI

f:id:monsere:20170909191714p:plain

です。

 

東京三菱UFJ銀行が6銀行と連携し国際送金を開始

現在世界第3位の東京UFJ銀行は2018年初からブロックチェーンを利用した国際送金サービスを始める。ます個人への提供を開始し、その後企業向けにも開放される見込み。

利用者の送金手順は変わらず、送金をスピードアップし手数料も大幅に安くなることが期待できる。

SBI証券は既に東南アジアでサービスを展開

 SBI公式サイトはこちら

 

日本-タイ王国間で初の分散台帳技術(DLT)を活用した送金サービス開始のお知らせ(SBIレミット, SBI Ripple Asia)|ニュースリリース|SBIホールディングス

f:id:monsere:20170909200630p:plain

 

日本で最も有名な証券会社のSBI

サービス提供の為、現地法人を設立しており、本気度が伺えます。

 さらに、

実証実験でなく実際の送金を開始し、
SBIレミットタイのサイアム商業銀行間で
送金、受取サービスを開始しました。

 今後益々リップル(Ripple)の発展が見込めると考えます。

↓リップルの購入方法はこちら↓ 

f:id:monsere:20171030012659p:plain