教えて!仮想通貨のこと

いつもご愛読ありがとうございます。当ブログでは仮想通貨についてわかりやすく解説します。

10種類の仮想通貨!それぞれの特徴

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

f:id:monsere:20170909205257p:plain

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコイン中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。
通貨は国家の信用を基に価値を担保している一方、ビットコインの信用はネットワーク参加者全体で相互に形成されてます。
ビットコインの数には限りがあり、多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります

https://coincheck.com/ja/documents/about

 

イーサリアム(Etheriem)

まず前提に注意がすべきは

イーサリアム=仮想通貨

ではありません。

イーサリアムは、イーサリアムプロジェクトという、新しい試みを実現しようとする計画・組織があり、その計画のために必要な技術として提供されているアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称です。

xn--n8jn6bvk3a2a2783c9ea01f910g408btu4cumj.com

イーサリアムクラシック(Ether Classic)

簡単に言うと
上記のイーサリアム(Etheriem)がハッキング攻撃を受け、
攻撃に対する対処法で二つの意見が対立しました。

どちらか一方を支持する人達の意見の対立によって

イーサリアムは分裂し、イーサリアムクラシック(Ether Classic)と誕生なりました。

詳細は以下をどうぞ↓

リスクコイン(Lisk)

f:id:monsere:20170910122930p:plain

LISK(リスク)は2016年5月25日に運用が開始された仮想通貨です。

2017年9月10日時点では時価総額が約800億円で仮想通貨の中では15位に位置しています。
LISKはEthereum(イーサリアム)と同じく、「スマートコントラクト」と呼ばれる機能をもっており、取引情報以外にも契約や条件もブロックチェーン上に記録することが可能となっているそうです(これはビットコインにはない機能です)。

LISK(リスク)|運営に参入しやすい?仮想通貨の特徴と活用法とは | finte [フィンテ]

ファクトム(FCT)

ファクトム(FCT)は様々な情報を、
多額の費用をかけることなく保管することを
可能にした技術です。

これにより、
・公的な証明書を維持するコスト
・証明書が記録されたことを、第三者機関に委託せずに証明可能。
になっています。

具体的には、
住宅ローン市場に置いてのデータ管理に役立ち、 
1兆ドルにも達する米国住宅ローン市場のデータ管理を、
ファクトムのブロックチェーン技術を採用することで低コストで可能に。

以下は与沢翼さんがこの技術に魅了され、
2000万円を突っ込んだ動画です。

仮想通貨のご購入はコチラ 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 モネロ(XMR)

特徴は
(ビットコインより)高速取引が可能

匿名性の高さ

オーガー(REP)

オーガー(augur) は、未来予測市場のためのプロトコルです。
未来予測市場というのは端的に言うと、
英国のブックメーカーのように、未来に起こる様々な出来事にたいして、お金をかけたりするギャンブル市場。
です。

胴元が存在しない、公平かつコストが掛からない未来予測市場
を実現しようとしています。

オーガー仮想通貨(augur REP)とは?購入できる取引所は?

 

ネム(NEM)

f:id:monsere:20170910132321p:plain
ネムは時価総額7位を誇る仮想通貨です。
一日の値動きの起伏が非常に激しく
10%以上変動するの相場は日常茶飯事です。

デイトレーダーには向いているかもしれませんね。

virtualmoney.xsrv.jp

リップル(XRP)

↓以下の記事↓にてリップルについて、
非常にわかりやすく解説しております。
是非、ご覧下さい。

bitcoin-check.hatenablog.com

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ジーキャッシュ(ZEC)

Zcashは利用者にとってよりセキュリティ面で安心できる仮想通貨です。
時価総額は17位(2017年9月10日時点)で470億円。

仮想通貨に投資をする上で非常に重要なことは
大きく儲けるには時価総額に注目することです。

2017年9月10日時点の
ビットコインの時価総額は7兆4千万円ですが、
Zキャッシュの時価総額は470億円です。

その差はなんと120倍。

セキュリティの安定性を売りに、ビットコインを上回ることがあれば、
今Zキャッシュ(ZEC)を購入していれば、
資産も増えるかもしれませんね。

以下↓では、ビットコインなど仮想通貨を
スマホで2分で購入する方法を紹介中!

f:id:monsere:20171030012659p:plain