教えて!仮想通貨のこと

いつもご愛読ありがとうございます。当ブログでは仮想通貨についてわかりやすく解説します。

銀行 2021年に向け大リストラ時代へ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

3銀行大リストラ時代 3.2万人分業務削減へ 

このような記事が10月28日の日本経済新聞の朝刊で発表されました。
日本で絶対的安定業界として就職先で人気の銀行業界ですが、
いま、その雇用が仮想通貨によって大きく変わろうとしています。

金融業界の変化を追いました。

f:id:monsere:20171029174140p:plainf:id:monsere:20171029174236p:plain

 

よっしゃ~\(^o^)/
本日も絶好調ボーボーMAX!(^3^)/(^3^)/

なんと銀行が
リストラ3.2万人やがな~( ・∇・)

詳細は以下に書いてるがな~\(^o^)/

ほな~♪((o(^∇^)o)

どーじょー!(゜∇^d)!!

大手銀行が続々リストラ

三菱東京UFJ銀行:
銀行業界に激震が走り、市場関係者が驚愕しています。
三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、三菱UFJ)社長の
平野信行氏が9月、
事務作業の自動化やデジタル化によって23年度までに9500人相当の労働力を削減する」と発言した為です。
9,500人とは、三菱東京UFJ銀行の全従業員3万6千人の内3割に相当する人数です。

f:id:monsere:20171029171849p:plain

みずほ銀行:
みずほFGの佐藤康博社長は「今後、21年度には8000人分、26年度には1万9000人分の業務量を削減する。」と発表。
事務作業は縮小し、自動化する作業を100業務に拡げる。その削減目標はじつにグループ全体の3分の1に近い人数分の規模です。

現にみずほ銀行の社内ではこんな貼り紙があるそうで、

「会議前の根回し不要、資料はシンプルに――。」

本部の無駄な業務をなくす意識改革なのでしょうか。

 また、コチラのように
日本経済新聞の記事でも大きく取り上げられています。

 

銀行に押し寄せる波

 銀行員といえば、
バブル以前は高給取りとして有名で、銀行員の仕事は「信用業務」とも言われる程で、その維持に膨大なコストをかけられてきました。

バブル崩壊後の不良債権問題から山一證券など大手銀行が経営破綻したことなどもあり、銀行員の年収は大幅に下がったといわれます。

それでも、銀行員の平均年収は現在、612万円東京商工リサーチのアンケート調査調べ)で、
本人全体の平均年収は414万円に対してはまだまだ高い部類に入るのではないでしょうか。

f:id:monsere:20171029193329p:plain

ですが、ここ数年、
2つの大きな波が銀行業界に押し寄せており、
従来の環境を維持することが難しくなってきているのです。

その波が「低金利」と「フィンテック」なのです。

フィンテックとは

 上記で紹介した2つの波のうちの一つのフィンテック。

フィンテックとは金融(Finance)× 技術(Technology)のことで
ざっくりいうと、
金融サービスを利用者の目線から「安く、早く、便利」に変えるという意味で用いられます。

f:id:monsere:20171029202529p:plain

例えば、
・ロボ・アドバイザー(人工知能(AI))
・仮想通貨
・モバイルPOS(スマホでクレジットカードの支払いを受け入れるサービス)
です。

中でも、仮想通貨によるコスト削減が現実的なリストラ策であるとされています。
現に、みずほ銀行は「Jコイン」、三菱東京UFJ銀行は「MUFGコイン」を発行しデジタル業務を加速させている。

仮想通貨によるコスト削減

「MUFGコイン」を発行する三菱東京UFJ銀行ですが、同コインを1円=1コインに変換する仕組みなので、厳密には通貨ではなく既存の電子マネーの一種であるというのが正しいのでしょうか。

f:id:monsere:20171029204230p:plain

一般的な(胡散臭く感じてしまう→)事業者ではなく、
銀行がこのように仮想通貨として市場に乗り出した意味は大きいのです。
IoT市場が格段的にキャッシュレス化が進む中国アメリカに対して、
日本は、ダントツに現金利用比率が高く、銀行は現金の管理や輸送に多大なコストをかけているのです

f:id:monsere:20171029204451p:plain

現金決済でなく、仮想通貨取引にシフトすれば、現場の事務作業は大幅に減少し、店舗の運営コストを下げることができるのです。

今後の展望

三菱UFJ銀行の平野信行社長は
余った労働力はよりクリエイティブな業務にシフトする」とのことだが、
昨日まで事務員だった行員が
果たして、クリエイティブな業務に従事できるのだろうか。

このことから、実質的な人員削減策と受け止めた銀行員は少なくない。

今のうちにプログラミングやIT関連業務を勉強していないと厳しいかもしれない。
おそらく、誰でも出来るような接客は間違いなく職を失うのではないだろうか

よっしゃ~(*^▽^)/★*☆♪
これやがな~ヽ(・∀・)ノヽ(・∀・)ノ

今日も勝負!まだまだ
終わってない
(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/(^o^)/
諦めない限り
負けではないのだ~♪ヽ(´▽`)/