教えて!仮想通貨のこと

いつもご愛読ありがとうございます。当ブログでは仮想通貨についてわかりやすく解説します。

リップル革命 日本人の生活はどう変わる?

「与沢翼氏が12億円をこの通貨に投資。」
「ニッポン全メガバンクが参入。」

f:id:monsere:20180212164617p:plain

これらのトレンディーなリップルに関する新聞記事やツイートはしばしば他人事のように右から左へ流され、そのワードだけが有名になりがちですが、
その本質にある仮想通貨リップルの有用性をご存知でしょうか。

2020年までに到来するリップルを起因とする金融革命が間近に迫っているにも関わらず、金融関係者以外の一般人は何も実感がないようです。

そこで、
リップル革命は我々の生活をどのように便利に変えてくれるのでしょうか。
具体的な例をご紹介します

f:id:monsere:20180204164752p:plain

~~~現在(革命前)~~~

2018年現在、
送金における大きな課題は2つあります。
・国際送金における着金までの日数と高額な手数料。
・国内送金の少額な振込でさえも高い手数料。

現状の送金手段は
国際送金でなくとも、国内の知り合いへの振込だけで。
相当な手間と手数料がかかるのはご承知のことでしょう。

例えば、このような手間が。
振込相手の金融機関名、支店名(全角カタカナで)、口座番号
をいちいち聞いて、そのあと銀行へわざわざ足を運ぶという手間があります

銀行に行く。
そして、並ぶ。。。。
f:id:monsere:20180204154516p:plain

手数料を心配し、、、

f:id:monsere:20180204155106p:plain
金融機関を選択し、
支店名を検索し、
口座番号を確認、打ち込み、
確認画面でようやく送金。

f:id:monsere:20180204155735p:plain

金曜日の夜に振り込んだなら
相手に着金は3日後の月曜日。

f:id:monsere:20180204160106p:plain

がーーーーーん。

スマホがこんなにも普及している現代にも関わらず、
なぜ、お金を振り込むだけなのにこんなにも不便なのでしょうか?

そこに疑問を呈し、
より快適な社会を目指そうと
お金の送金に特化した送金基盤を構築しようとしているのが
リップル(XRP)なのです。

では、リップル革命は私たちの生活に
何をもたらしてくれるのでしょう?

~~~リップル革命後~~~

・海外、国内関係なく取引先や友人にスマホ
 気軽に、便利に、簡単にお金を送れます。

相手のスマホのQRコードを撮影
もしくは、相手のスマホコードをラインでもらう。
f:id:monsere:20180204153002p:plain
相手のスマホへ送金する金額を入力。
f:id:monsere:20180204153222p:plain

数秒で送金先金融機関のセキュリティチェックを完了。
f:id:monsere:20180204153421p:plain
「送金しますか?」。。。「はい」
f:id:monsere:20180204153525p:plain

完了。
f:id:monsere:20180204153612p:plain

これらがリップルの起こす金融革命なのです。
しかも、海外にも同じ方法で可能です。

 

リップル革命後の日常生活

 2020年までに日本のあちこちで
このような便利な日常生活が見受けられるでしょう。

~~~三人でお洒落なカフェへ~~~
仲良し三人組で流行りのカフェへ来ました。
一つ456円のラテを
一番前に並ぶのA君が三人分をまとめて支払い。
おかげで注文後決済を早く終え、すぐに席へ座れました。
Aくんは自分のスマホのQRを二人にスキャンしてもらいました。
二人はアプリを開き、456円を3秒で送金。
f:id:monsere:20180204161148p:plain
瞬時にAくんのスマホには着金完了の知らせが。
現金やりとりは一切なく、カフェタイムを楽しみました。


~~~海外に住む子供から~~~
「今、アメリカ人の友達とミシガン州に旅行に来ているが、
ATMで預金を見ると13ドルしかない!今夜ホテルすら泊まれない。」
と子供からのSOSラインが来ました。
f:id:monsere:20180204162020p:plain

あなたはただアプリを開き、100円の手数料を支払い
息子へ5万円分のドルを送金と
画面を進めるだけ。
Lineですぐに子供から連絡が。
「お金ありがとう!必ず帰国後返すよ!!」

本来ならば、みずほ銀行などから
海外送金依頼書を書き込み、半日がかりで手続き。
2~3千円の手数料を支払うも、着金は3日後以上。
子供はホテルに本当に泊まれなかったかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?
リップルを起因とする送金革命は
我々一般個人にもこのような便利な生活をもたらしてくれるのです。