ビットコイン 分裂するワケ

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中

8月の「ビットコインキャッシュ」に始まり、
10月の「ビットコインゴールド」
11月15日には「SEGWIT2X」への分裂が話題になっていますが、
なぜこんなにもビットコインは分裂するのか

f:id:monsere:20171103214536p:plain

分裂問題を初心者の方でもわかるよう、
わかりやすく説明します。

マイニングの現状

まず、今記事をご覧頂くには、
ビットコインが発行される仕組みを理解しないと
全く意味がわからない説明になると思います

そこで、以下にビットコイン発行のしくみ
を解説していますので、
まずはコチラを御覧の上、ご一読くださいませ。
[blogcard url=”http://www.oshiete-bitcoin-check.com/entry/mining/”]

さて、
ビットコインは中央集権が存在せず、
みんなで管理し、安全性を担保する事が魅力

なのですが、

最近はその「みんな」が中国人が大半を占めるようになっているのです。

つまりは、マイナーのほとんどがが中国人なのです。

 

そもそも
ビットコインを管理する「みんな」とは
マイニングに参加している人々のことで
マイニング量が多いほど、
ビットコインの管理、ルール作りに発言権を持てるわけです。

こちらの写真は
実際に中国でマイニングを行っている様子です。

f:id:monsere:20171103191727p:plainf:id:monsere:20171103191642p:plain
f:id:monsere:20171103191712p:plain

この写真を見て、イメージとは程遠いマイニングの様子だと
思われた方も多いのではないでしょうか。

実はマイニングは全て
高性能なパソコンを何百台も使って、
マイニング(計算式解く作業)をするのです。

マイニングにかかるパソコンの電気代は
半端なものではありません。

中国は、電気代が田舎だと比較的安いため、
どんどんパソコンを稼働させることが可能なのです。

いわば、事実上のマイナー中国人の独占支配となっています。

f:id:monsere:20171103192213p:plain

 

開発者 VS 採掘者

現状、ビットコインは
非中央集権の理想でありながら、
マイナーの発言権が非常に強くなってしまい
むしろ、中国人が中央集権的になってしまっています。

彼らは
「俺達の言うことを聞かなかったら
帳簿を合わせられないぞ!」
「帳簿を合わせられないから
ビットコインは送れないよ。 
 俺達の言うことを聞け!

と発言を強めているのです。

開発者たちは
非中央集権という革新的な金融資本主義を求めている
のに対し、

マイナー(採掘者)たちは
商売、事業として運営している

最初はみんなで手を取り合って
運営していたはずが、いつの間にか
対立の構造になってしまいました。

マイナーたちは
電気代が払えなければ失業するため、
もっと収益性のの高いものを求め、

開発者たちは
自分たちがもっと利益の高いビットコイン運営をしたい。
この対立が分裂の原因を生んでいるのです。

f:id:monsere:20171103194216p:plain

分裂の背景

ここでもし、
一人ひとりのパソコンで
軽くマイニングできる方式であれば
このような対立は起きなかったかも知れません。

平和的で誰もがマイニングできる世界

それが最初の開発者
『ナカモト・サトシ』さんの理想でした。
※実在するか不明

しかし、現在は
中国がそれを牛耳っており、
中でも「ジハン・ウー」氏が権力を持っています。

f:id:monsere:20171103200019p:plain

ビットコインゴールド
この問題を解消したコイン
という大義をかかげたものでした。

f:id:monsere:20171103214720p:plain

「みんなのパソコンで出でき、
 どのパソコンにも入っているCPUでできる」
というコインがビットコインゴールドでした。

あなたにオススメ
【合わせて読みたい記事一覧】

リップル(XRP)とは ▷

仮想通貨が実現したい世界とは ▷

SBI、みずほ、三井住友など「仮想通貨」発行へ ▷

銀行 2021年に向け大リストラ時代へ ▷

GMOコイン 口座開設方法 ▷

取引所 厳選TOP3

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の”ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー(bitFlyer)は、日本で一番歴史のある取引所です。「みずほ銀行」や「リクルート」「電通」「日本生命」などがビットフライヤーに出資しており、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力です。さらに、セキュリティに関しても「世界No.1」に輝き、安全・安心・確実な取引ができる取引所としてオススメです。タレントの成海璃子さんがモデルになっています。

ビットフライヤー口座開設方法> ビットフライヤーで口座開設する>

2位“知名度No,1GMOコイン

GMOコインは、関東財務局長 第00006号 平成29年9月29日に正式に金融庁より運営許可を得た取引所です。 また、GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループの事業の1つで知名度では業界No.1を誇っており、GMOグループ全体での不祥事や不正などは過去にもないことから仮想通貨取引所に置いても万全の体制が整ってます。リップルが現物で購入が可能です。
GMOコイン口座開設方法> GMOコインで口座開設する>

3位“ローラのDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、筆者が莫大な利益を獲得することができた取引所の一つ。その理由は、レバレッジといって取引所に預けている実際の現金よりも何倍も多い掛け金で仮想通貨取引が出来るため利益が大きくなるからです。逆に、損をする場合も大きく損をしてしまうというのが特徴です。一攫千金を狙いたい方には、必ずオススメしたい取引所です。
DMM Bitcoin口座開設方法> DMM Bitcoinで口座開設する>

 

初心者にオススメの仮想通貨ランキング

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の銀行と共存”「リップル(XRP)」

リップルは、日本の銀行と共に24時間国際送金が可能な革新的なサービスを展開しています。早い、安全、便利な送金アプリ「マネータップ」をりそな銀行、住信SBIネット銀行に提供。日本の送金市場に革命を起こすと話題になり、Googleは既にリップルに出資。さらに、銀行が仮想通貨リップルを実装することから【確実に価格が上がる】と言われ、今後リップルは2020年までに1リップル(XRP)が2,000円になる予想です。

リップルとは  > リップルが買える取引所はコチラ >

2位”仮想通貨界の牽引役”「ビットコイン(Bitcooin)」

ビットコインは、仮想通貨の中でNo.1の認知度と時価総額を誇ります。
世界のニュースでもまずはビットコインが話題の中心となり仮想通貨を牽引しているほど。
『ビットコインは高くて買えない』と世間では言われますが、実は、0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。また、政治評論家の竹田恒泰さんもビットコイン愛好家で知られています。

ビットコインとは > ビットコインが買える取引所はコチラ >

3位”世界中の契約を確実・安全に”「イーサリアム」

イーサリアムは、「契約」を自動で記録し、実行してくれる「スマートコントラクト」という技術を備えています。例えば「2日後にAさんがBさんに5ETH支払い」という契約があるとすると、AさんとBさんが直接取引できるよう自動で実行してくれます。
この革新的技術に惚れ込み、トヨタやホリエモンも投資するほどの大注目の仮想通貨です。

イーサリアムとは > イーサリアムが買える取引所はコチラ > ⇩取引所が倒産してからでは遅い!⇩
仮想通貨を確実に保管するウォレット

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中