仮想通貨 始まりの歴史

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中

仮想通貨ビットコインはいつどこで生まれて、誰が作ったのでしょうか?
その謎を解明してきましょう。

f:id:monsere:20171103155025p:plain

カンタンに言うと仮想通貨とは

インターネット上に存在するお金。
それが普通にお店で使えて日本円やドルに交換できます。

関連画像

しかも仮想通貨ビットコインだけではありません

 仮想通貨の種類はなんと1,000種類もあるのです。

仮想通貨の始まりって何?

最初の頃はインターネットの中で、「バーチャル通貨って面白いよな~」と夢物語をつぶやく人がいました。すると、2008年にサトシ・ナカモトという人物が『ビットコイン:P2P 電子マネーシステム』という論文を投稿しました。

f:id:monsere:20171103152832p:plain

その内容は、従来のように、中央政府(=銀行)が通貨を発行するのではなく、自分たちでP2Pの仕組みを利用して全員が管理し、暗号化の技術と組み合わせることで、ビットコインの信頼性を担保しよう!という活動が活発になりました。

やがて、本気でこの考え方に多くの研究者やプログラマーが触発され、でバーチャル通貨を安全にしてみようか!!と勢い付きました。
そして、皆がプログラミングを行い、ついに2009年にビットコインが初めて『発行』されたのです。

このように仮想通貨ビットコインはゲームのようにスタートしました。

ビットコインが初めて使用された日

現実の世界でビットコインが初めて使われたのは、2010年5月。 当時1BIT=12円(※2017/11/3時点では80万円)だった時、
Laszlo Hanyeczという名前のプログラマーが2枚のピザを1万ビットコインで取引成立させたのが最初でした。
2010年5月17日に「ビットコインでピザを買いたい」とビットコインフォーラムに投稿したところ、
その5日後に取引が成立しました。
やがて、ビットコインの噂は世界中に広まります。
それを聞いた人の中に、「仮想通貨は
世界中に通用する可能性が将来ある」と考えた人たちがいます。

その人々がビットコインを持ち始めました。

すると、コレ「いいね!」と思った人たちが後続してどんどん買い始めます。

結果その連鎖が続き、現在にまで至っているのです

仮想通貨のお金としての役割

上記のように、ビットコイン等仮想通貨インターネット上に持つお金のことで

ビットコイン同士なら海外との取引も手数料があまりかからず、国ごとに貨幣価値も変わらず、ある意味世界共通のお金として使うことが可能です。

「ビットコイン 世界」の画像検索結果

「 手数料がかからないで、スマホで便利に送金ができたらいいな~」という人たちが始めたところ仮想通貨ビットコインは世界中に広がっていったのです。

りそな銀行 仮想通貨リップル活用


ビットコインを使う人は誰か?

ビットコインは、ビットコインをお金と思っている人が使っています。

故に、とある人は「信用できないから使わない」と発言し、一方、他の人は「信頼できる!」と通貨として使用する。というように現状、通貨として認める人が利用しているのです。

また、利用者の大きなメリットとして、海外送金の手数料がかからないという点に魅力があります。

f:id:monsere:20170910111029p:plain

ですが、近年投機対象として注目を浴びるようになり、いつの間にか需要(=儲けたい人)が増え、どんどん価値が上がっているのです。

ビットコイン長者の誕生

こんな逸話があります。
2009年頃、当時1Bit=1円のとき、ノルウェーの男性が遊び半分で2,400円分購入。

f:id:monsere:20170910111928p:plain
4年間忘れていて、ビットコインが上昇というニュースを見ました。慌てて確認したところなんと1800万円になっていました。

f:id:monsere:20170910111554p:plain
、、、というニュースを見ると、世界中の人々が我も我もと8年間、現在も需要が増え続けてるのです。

なぜ大金をつぎ込むのか

ビットコインが取引される際のブロックチェーン技術が画期的だからです。

ビットコインと同じ考えです。

そもそも「」が「お金」の時代がありましたよね?
には常に価値があります。

f:id:monsere:20170910112410p:plain

経済状況に左右されず、金の価値は上昇し続けるのです。
その理由は、金の量は埋蔵量が世界で限られているから
つまり、一定の価値が守られているのです

同じく、ビットコインも発案者たちが価値を保つため流通量が制限できる仕組みを作りました。

ビットコイン2100万枚という埋蔵できる上限があり、
非常に複雑な計算式で全てが成り立っているのです。

の価値を信じるように、ビットコインの価値を信じる人達がドンドン増え、今も需要が高まっているのです。

あなたにオススメ
【合わせて読みたい記事一覧】

リップル(XRP)とは ▷

仮想通貨が実現したい世界とは ▷

SBI、みずほ、三井住友など「仮想通貨」発行へ ▷

銀行 2021年に向け大リストラ時代へ ▷

GMOコイン 口座開設方法 ▷

取引所 厳選TOP3

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の”ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー(bitFlyer)は、日本で一番歴史のある取引所です。「みずほ銀行」や「リクルート」「電通」「日本生命」などがビットフライヤーに出資しており、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力です。さらに、セキュリティに関しても「世界No.1」に輝き、安全・安心・確実な取引ができる取引所としてオススメです。タレントの成海璃子さんがモデルになっています。

ビットフライヤー口座開設方法> ビットフライヤーで口座開設する>

2位“知名度No,1GMOコイン

GMOコインは、関東財務局長 第00006号 平成29年9月29日に正式に金融庁より運営許可を得た取引所です。 また、GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループの事業の1つで知名度では業界No.1を誇っており、GMOグループ全体での不祥事や不正などは過去にもないことから仮想通貨取引所に置いても万全の体制が整ってます。リップルが現物で購入が可能です。
GMOコイン口座開設方法> GMOコインで口座開設する>

3位“ローラのDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、筆者が莫大な利益を獲得することができた取引所の一つ。その理由は、レバレッジといって取引所に預けている実際の現金よりも何倍も多い掛け金で仮想通貨取引が出来るため利益が大きくなるからです。逆に、損をする場合も大きく損をしてしまうというのが特徴です。一攫千金を狙いたい方には、必ずオススメしたい取引所です。
DMM Bitcoin口座開設方法> DMM Bitcoinで口座開設する>

 

初心者にオススメの仮想通貨ランキング

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の銀行と共存”「リップル(XRP)」

リップルは、日本の銀行と共に24時間国際送金が可能な革新的なサービスを展開しています。早い、安全、便利な送金アプリ「マネータップ」をりそな銀行、住信SBIネット銀行に提供。日本の送金市場に革命を起こすと話題になり、Googleは既にリップルに出資。さらに、銀行が仮想通貨リップルを実装することから【確実に価格が上がる】と言われ、今後リップルは2020年までに1リップル(XRP)が2,000円になる予想です。

リップルとは  > リップルが買える取引所はコチラ >

2位”仮想通貨界の牽引役”「ビットコイン(Bitcooin)」

ビットコインは、仮想通貨の中でNo.1の認知度と時価総額を誇ります。
世界のニュースでもまずはビットコインが話題の中心となり仮想通貨を牽引しているほど。
『ビットコインは高くて買えない』と世間では言われますが、実は、0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。また、政治評論家の竹田恒泰さんもビットコイン愛好家で知られています。

ビットコインとは > ビットコインが買える取引所はコチラ >

3位”世界中の契約を確実・安全に”「イーサリアム」

イーサリアムは、「契約」を自動で記録し、実行してくれる「スマートコントラクト」という技術を備えています。例えば「2日後にAさんがBさんに5ETH支払い」という契約があるとすると、AさんとBさんが直接取引できるよう自動で実行してくれます。
この革新的技術に惚れ込み、トヨタやホリエモンも投資するほどの大注目の仮想通貨です。

イーサリアムとは > イーサリアムが買える取引所はコチラ > ⇩取引所が倒産してからでは遅い!⇩
仮想通貨を確実に保管するウォレット

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。