銀行 2021年に向け大リストラ時代へ

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中


3銀行大リストラ時代 3.2万人分業務削減へ

このような記事が10月28日の日本経済新聞の朝刊で発表されました。
日本で絶対的安定業界として就職先で人気の銀行業界ですが、
いま、その雇用が仮想通貨によって大きく変わろうとしています。

金融業界の変化を追いました。

f:id:monsere:20171029174140p:plain f:id:monsere:20171029174236p:plain

大手銀行が続々リストラ

三菱東京UFJ銀行:
銀行業界に激震が走り、市場関係者が驚愕しています。
三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、三菱UFJ)社長の
平野信行氏が9月、
事務作業の自動化やデジタル化によって23年度までに9500人相当の労働力を削減する」と発言した為です。
9,500人とは、三菱東京UFJ銀行の全従業員3万6千人の内3割に相当する人数です。

f:id:monsere:20171029171849p:plain

みずほ銀行:
みずほFGの佐藤康博社長は「今後、21年度には8000人分、26年度には1万9000人分の業務量を削減する。」と発表。
事務作業は縮小し、自動化する作業を100業務に拡げる。その削減目標はじつにグループ全体の3分の1に近い人数分の規模です。

現にみずほ銀行の社内ではこんな貼り紙があるそうで、

「会議前の根回し不要、資料はシンプルに――。」

本部の無駄な業務をなくす意識改革なのでしょうか。また、コチラのように
日本経済新聞の記事でも大きく取り上げられています。

銀行に押し寄せる波

銀行員といえば、
バブル以前は高給取りとして有名で、銀行員の仕事は「信用業務」とも言われる程で、その維持に膨大なコストをかけられてきました。

バブル崩壊後の不良債権問題から山一證券など大手銀行が経営破綻したことなどもあり、銀行員の年収は大幅に下がったといわれます。

それでも、銀行員の平均年収は現在、612万円東京商工リサーチのアンケート調査調べ)で、
本人全体の平均年収は414万円に対してはまだまだ高い部類に入るのではないでしょうか。

f:id:monsere:20171029193329p:plain

ですが、ここ数年、
2つの大きな波が銀行業界に押し寄せており、
従来の環境を維持することが難しくなってきているのです。

その波が「低金利」と「フィンテック」なのです。

フィンテックとは

上記で紹介した2つの波のうちの一つのフィンテック。フィンテックとは金融(Finance)× 技術(Technology)のことでざっくりいうと、金融サービスを利用者の目線から「安く、早く、便利」に変えるという意味で用いられます。

f:id:monsere:20171029202529p:plain

例えば、
・ロボ・アドバイザー(人工知能(AI))
・仮想通貨
・モバイルPOS(スマホでクレジットカードの支払いを受け入れるサービス)
です。

中でも、仮想通貨によるコスト削減が現実的なリストラ策であるとされています。
現に、みずほ銀行は「Jコイン」、三菱東京UFJ銀行は「MUFGコイン」を発行しデジタル業務を加速させている。

仮想通貨によるコスト削減

「MUFGコイン」を発行する三菱東京UFJ銀行ですが、同コインを1円=1コインに変換する仕組みなので、厳密には通貨ではなく既存の電子マネーの一種であるというのが正しいのでしょうか。

f:id:monsere:20171029204230p:plain

一般的な(胡散臭く感じてしまう→)事業者ではなく、
銀行がこのように仮想通貨として市場に乗り出した意味は大きいのです。
IoT市場が格段的にキャッシュレス化が進む中国アメリカに対して、
日本は、ダントツに現金利用比率が高く、銀行は現金の管理や輸送に多大なコストをかけているのです

f:id:monsere:20171029204451p:plain

現金決済でなく、仮想通貨取引にシフトすれば、現場の事務作業は大幅に減少し、店舗の運営コストを下げることができるのです。

今後の展望

三菱UFJ銀行の平野信行社長は
余った労働力はよりクリエイティブな業務にシフトする」とのことだが、
昨日まで事務員だった行員が
果たして、クリエイティブな業務に従事できるのだろうか。

このことから、実質的な人員削減策と受け止めた銀行員は少なくない。

今のうちにプログラミングやIT関連業務を勉強していないと厳しいかもしれない。
おそらく、誰でも出来るような接客は間違いなく職を失うのではないだろうか

あなたにオススメ
【合わせて読みたい記事一覧】

リップル(XRP)とは ▷

仮想通貨が実現したい世界とは ▷

SBI、みずほ、三井住友など「仮想通貨」発行へ ▷

銀行 2021年に向け大リストラ時代へ ▷

GMOコイン 口座開設方法 ▷

取引所 厳選TOP3

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の”ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー(bitFlyer)は、日本で一番歴史のある取引所です。「みずほ銀行」や「リクルート」「電通」「日本生命」などがビットフライヤーに出資しており、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力です。さらに、セキュリティに関しても「世界No.1」に輝き、安全・安心・確実な取引ができる取引所としてオススメです。タレントの成海璃子さんがモデルになっています。

ビットフライヤー口座開設方法> ビットフライヤーで口座開設する>

2位“知名度No,1GMOコイン

GMOコインは、関東財務局長 第00006号 平成29年9月29日に正式に金融庁より運営許可を得た取引所です。 また、GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループの事業の1つで知名度では業界No.1を誇っており、GMOグループ全体での不祥事や不正などは過去にもないことから仮想通貨取引所に置いても万全の体制が整ってます。リップルが現物で購入が可能です。
GMOコイン口座開設方法> GMOコインで口座開設する>

3位“ローラのDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、筆者が莫大な利益を獲得することができた取引所の一つ。その理由は、レバレッジといって取引所に預けている実際の現金よりも何倍も多い掛け金で仮想通貨取引が出来るため利益が大きくなるからです。逆に、損をする場合も大きく損をしてしまうというのが特徴です。一攫千金を狙いたい方には、必ずオススメしたい取引所です。
DMM Bitcoin口座開設方法> DMM Bitcoinで口座開設する>

 

初心者にオススメの仮想通貨ランキング

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の銀行と共存”「リップル(XRP)」

リップルは、日本の銀行と共に24時間国際送金が可能な革新的なサービスを展開しています。早い、安全、便利な送金アプリ「マネータップ」をりそな銀行、住信SBIネット銀行に提供。日本の送金市場に革命を起こすと話題になり、Googleは既にリップルに出資。さらに、銀行が仮想通貨リップルを実装することから【確実に価格が上がる】と言われ、今後リップルは2020年までに1リップル(XRP)が2,000円になる予想です。

リップルとは  > リップルが買える取引所はコチラ >

2位”仮想通貨界の牽引役”「ビットコイン(Bitcooin)」

ビットコインは、仮想通貨の中でNo.1の認知度と時価総額を誇ります。
世界のニュースでもまずはビットコインが話題の中心となり仮想通貨を牽引しているほど。
『ビットコインは高くて買えない』と世間では言われますが、実は、0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。また、政治評論家の竹田恒泰さんもビットコイン愛好家で知られています。

ビットコインとは > ビットコインが買える取引所はコチラ >

3位”世界中の契約を確実・安全に”「イーサリアム」

イーサリアムは、「契約」を自動で記録し、実行してくれる「スマートコントラクト」という技術を備えています。例えば「2日後にAさんがBさんに5ETH支払い」という契約があるとすると、AさんとBさんが直接取引できるよう自動で実行してくれます。
この革新的技術に惚れ込み、トヨタやホリエモンも投資するほどの大注目の仮想通貨です。

イーサリアムとは > イーサリアムが買える取引所はコチラ > ⇩取引所が倒産してからでは遅い!⇩
仮想通貨を確実に保管するウォレット

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中