リップルが学校へ31億円もの寄付!

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中

リップル社は、アメリカの教育界に歓喜の声を響かせました。
アメリカの慈善団体ドナーチューズの創設者チャールズ・ベスト氏が無理難題な要求を仮想通貨(XRP)でお馴染みのリップル社にメールを送りその結果が衝撃的だと全米で波紋を呼んでいます。

この記事の参照元:CNBCニュース「Ripple donates $29 million after nonprofit’s founder ‘dared’ himself to ask

「ベストスクールデイ」プログラム

ドナーチューズという寄付を目的とした非営利団体を運営する創設者のチャールズ・ベスト氏は、リップルの共同創設者クリス・ローレン氏にアメリカ史上最難の無茶なお願いをしたことで全米に波紋を呼びました。また同士は「こんなバカげたお願いをリップルの共同創設者に申し上げてしまったことは非常に心配だ。」と心中を明かすほど。

⇩非営利団体創設者ベスト氏⇩

⇩リップル共同創設者クリス・ローレン氏⇩

リップルに対するアメリカ史上最難の無茶なお願いとは

非営利団体創設者ベスト氏は、リップルの共同創設者ローレン氏に宛てたメールで「私は、このメールが今まで生きてきた中で10倍もの無理難題だと思っていることを承知でをあなたに願いすることに挑戦しました。」と綴った。

ローレン氏とリップル側は彼の真摯な姿勢と熱意を感じ、非営利団体ドナー・チューズへ31億円もの寄付をすると回答しました。そもそも、非営利団体ドナー・チューズとはベスト氏が2000年からクラウドファンディングとして運営し、集めたお金で全米の先生たちが生徒の為に尽くすのに必要な資金を提供するプラットフォームで、寄贈者(お金を出したい人々)は好きな教育プログラムに寄付できるプログラムのこと。

筆者の私としては、
アメリカ特有の誇大広告でどうせリップルの認知度を上げるための策略だろう。実際の寄付金額31億円でなく、多くて何千万くらいだろな~
と海の向こう側の話なので、かなり疑ってこのニュースを見ていましたが、
なんと、まさかの本気でリップル(Ripple)は31億円をアメリカの学生たちのために寄付金を振り込んでいました!

アメリカ大手メディアCNBC(日本経済新聞のようなメディア)は続けて、

3月下旬には、リップルの31億円分の寄付金は35,000件以上の教育プログラムすべてにが支給がなされたと発表。

寄付を受けた先生たちは、100万人以上の生徒がこのリップルからの寄付金で勉学に必要な資金に回すことができたと報告。

ベスト氏は、リップルのアカウントユーチューブを使って感謝の言葉を述べました。
動画にはリップルのマーケティング担当のモニカさんとともにベスト氏がコメントし、「沢山の生徒たちの夢が叶った今日という日は生涯忘れられない!」となんともアメリカ人らしい感情豊かな表現で締めくくられました。

ベスト氏は、寄付を受けた先生たちに対して#BestSchoolDayのタグを付けてどのように寄付金を使ったかを世間にも広めてほしいと声明を出しました。

リップルがもたらした寄付の成果

一人の音楽教師は、壊れた楽器を修復するのに寄付金を使用したとツイート。

他の教師は、生徒たちが修学旅行をするのにアトランタからアラバマまでの交通費と歴史的価値のある大学見学のツアーに寄付金を使用したとツイート。

また、他の教師は、自閉症の生徒がなかよし学級のような特別ルームで教育を受けるのではなく、一般学生と同じ環境で創造的な授業ができるように芸術や工作などの必要な品の提供を受けたとツイート

リップルに対するアメリカ社会の印象

全米では今回の寄付金ニュースを受けて、リップル社が豊富な慈善活動を実施できることから十分な資金と信頼があると知名度の上昇に一躍をかっているようです。また、発起人であるベスト氏は「もし、私がリップルへ馬鹿げた31億もの寄付をしてくれと頼まなければ実現はできていなかった」と発言。

彼自身の勇気には確かに乾杯であるが、筆者はどちらかというとベスト氏よりもリップル側の身になりたい。
31億円という大金は日本で考えると中小企業を3,4社買収出来る額でかつ、そこからさらなる運営資金に回すことが出来ると考え勝ちになる。

それを考慮すると、リップルの31億円もの思い切った経営判断は社会への貢献を第一に考えるリップル社を象徴している証ではないかと拍手をしたい

あなたにオススメ
【合わせて読みたい記事一覧】

リップル(XRP)とは ▷

仮想通貨が実現したい世界とは ▷

SBI、みずほ、三井住友など「仮想通貨」発行へ ▷

銀行 2021年に向け大リストラ時代へ ▷

GMOコイン 口座開設方法 ▷

取引所 厳選TOP3

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の”ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー(bitFlyer)は、日本で一番歴史のある取引所です。「みずほ銀行」や「リクルート」「電通」「日本生命」などがビットフライヤーに出資しており、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力です。さらに、セキュリティに関しても「世界No.1」に輝き、安全・安心・確実な取引ができる取引所としてオススメです。タレントの成海璃子さんがモデルになっています。

ビットフライヤー口座開設方法> ビットフライヤーで口座開設する>

2位“知名度No,1GMOコイン

GMOコインは、関東財務局長 第00006号 平成29年9月29日に正式に金融庁より運営許可を得た取引所です。 また、GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループの事業の1つで知名度では業界No.1を誇っており、GMOグループ全体での不祥事や不正などは過去にもないことから仮想通貨取引所に置いても万全の体制が整ってます。リップルが現物で購入が可能です。
GMOコイン口座開設方法> GMOコインで口座開設する>

3位“ローラのDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、筆者が莫大な利益を獲得することができた取引所の一つ。その理由は、レバレッジといって取引所に預けている実際の現金よりも何倍も多い掛け金で仮想通貨取引が出来るため利益が大きくなるからです。逆に、損をする場合も大きく損をしてしまうというのが特徴です。一攫千金を狙いたい方には、必ずオススメしたい取引所です。
DMM Bitcoin口座開設方法> DMM Bitcoinで口座開設する>

 

初心者にオススメの仮想通貨ランキング

金メダル画åƒ�赤リボン1位”世界の銀行と共存”「リップル(XRP)」

リップルは、日本の銀行と共に24時間国際送金が可能な革新的なサービスを展開しています。早い、安全、便利な送金アプリ「マネータップ」をりそな銀行、住信SBIネット銀行に提供。日本の送金市場に革命を起こすと話題になり、Googleは既にリップルに出資。さらに、銀行が仮想通貨リップルを実装することから【確実に価格が上がる】と言われ、今後リップルは2020年までに1リップル(XRP)が2,000円になる予想です。

リップルとは  > リップルが買える取引所はコチラ >

2位”仮想通貨界の牽引役”「ビットコイン(Bitcooin)」

ビットコインは、仮想通貨の中でNo.1の認知度と時価総額を誇ります。
世界のニュースでもまずはビットコインが話題の中心となり仮想通貨を牽引しているほど。
『ビットコインは高くて買えない』と世間では言われますが、実は、0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。また、政治評論家の竹田恒泰さんもビットコイン愛好家で知られています。

ビットコインとは > ビットコインが買える取引所はコチラ >

3位”世界中の契約を確実・安全に”「イーサリアム」

イーサリアムは、「契約」を自動で記録し、実行してくれる「スマートコントラクト」という技術を備えています。例えば「2日後にAさんがBさんに5ETH支払い」という契約があるとすると、AさんとBさんが直接取引できるよう自動で実行してくれます。
この革新的技術に惚れ込み、トヨタやホリエモンも投資するほどの大注目の仮想通貨です。

イーサリアムとは > イーサリアムが買える取引所はコチラ > ⇩取引所が倒産してからでは遅い!⇩
仮想通貨を確実に保管するウォレット

終了間近!Bitcoinプレゼントキャンペーン中